読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットを最大限活用!代表的なWebの集客方法5個の特徴を解説

IT・Webコラム

f:id:urj:20160818235113j:plain

SNSの普及とオウンドメディアの増加に伴い、Webの集客方法は多様化しています。 知識がないままにWebの集客に取り組んでも望みが薄いので、最低でも集客方法の種類と特徴を学んでおきたいところです。

そこで本記事では、現在の主流なWebの集客方法をまとめましたので、Web担当者やマーケティング担当者はこの機会に勉強してみてはいかがでしょうか。

避けては通れないからこそ、マスターしたい内容

サイトを立ち上げて情報を掲載するだけでは人は集まりません。 そのため、集客はWeb担当者にとって避けては通れないタスクです。

広告を出稿するのもタダではないので、知識がないままに出稿してもたいした成果が得られず費用が無駄になってしまいます。 「予算をかけたのに成果が出てないじゃないか!」と上司に怒られるのも嫌ですよね。 Webの集客方法によって成果が出るまでの期間や予算が異なるので、まずは特徴を押さえておきましょう。

Web担当者としてスキルアップ&キャリアアップを目指すために、これから解説する5つの代表的なWebの集客方法を手始めに、集客方法をマスターしていきましょう。

代表的なWebの集客方法5つの特徴

リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した際に、検索結果の上部や横に表示される広告のことです。 キーワードに連動して表示される広告であることから、「検索連動型広告」とも呼ばれています。

リスティング広告は出稿したいキーワードを指定し、検索エンジンから集客をします。 ユーザーの関心が高いキーワードを狙えるので、即効性のある集客が期待できます。

代表的なリスティング広告の媒体は、「Google AdWords」と「Yahoo!プロモーション広告」です。 広告がクリックされた分だけ費用が発生する仕組みなので、費用対効果は高いといえます。 たとえばGoogleでは、以下のように検索結果の上部にリスティング広告が表示されます。 以前は右横にもリスティング広告が表示されていたのですが、現在は廃止されています。

f:id:urj:20160818234536j:plain

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は「成果報酬型広告」とも呼ばれていて、購入、申し込み、資料請求、会員登録など、成果が発生してから報酬を支払う仕組みになっています。 目的の成果が達成されたときにのみ費用が発生するので、こちらも費用対効果が高い集客方法といえます。 成果が低かったとしても、広告が表示されることで商品やサービスの認知度が高まるので、結果的にプラスの効果が期待できるでしょう。

サービスの利用自体はすぐに開始できますが、広告を掲載してくれるサイトが見つかるまで少し時間がかかります。 即効性は低いため、中長期的な視野で取り組む必要があります。

SEO対策

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。 SEOは検索エンジンの検索結果で上位表示を狙うための施策で、検索エンジンに高く評価されるようにサイトを改善していきます。

日本ではYahoo! JAPAN、Google、Bing(マイクロソフト)の3つの検索エンジンが主流で、シェア数はYahoo! JAPANが1位、Googleが2位となっています。 Yahoo! JAPANはGoogleの検索エンジンのシステムを採用しているため、現在のSEOはGoogle対策と言っても過言ではありません。

Googleはさまざまなアルゴリズムによって検索順位を決定して、年間に500回以上ものアルゴリズムのアップデートを行っているといわれています。 過去、パンダアップデートやペンギンアップデートといった大きなアップデートで検索順位が大幅に変動した例がありますので、SEO対策をするなら常にGoogleの動向をチェックしておく必要があるでしょう。

リスティング広告のように検索結果で目立つ位置に表示されることが保証される施策ではないため、即効性は低いです。 しかし、地道に検索エンジンからの評価を積み上げていくことでサイトの価値が上がりますし、ドメイン自体が資産となります。 すぐに結果を求めずに中長期的な視野で取り組みましょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって有益な情報を発信することで集客する方法です。 オウンドメディアなどを利用してユーザーと良い関係を作り、収益につなげます。

コンテンツマーケティングはSEOに大きく関係しています。 ここ近年のGoogleはコンテンツの質を非常に重視しており、ユーザーにとって価値のある情報を発信しているサイトを高く評価するようになっています。 いわゆるコンテンツSEOといわれる施策が今のSEOの主流で、Googleはサイト運営者に良質なコンテンツを発信することを求めています。

コンテンツマーケティングでユーザーからの信頼を獲得するには時間がかかるため、取り組むには長期的な視野が必要です。 ユーザーにとって価値のあるコンテンツを配信することを常に意識し、地道に信頼を積み重ねていきましょう。

ソーシャルメディア広告

ソーシャルメディア広告は、TwitterやFacebookなどのSNSに出稿する広告です。 TwitterやFacebookでは出稿した広告がタイムライン上に表示されます。 サイトのアクセス数アップ、フォロワー数アップなどの効果を期待する集客方法です。

たとえば、「Facebook広告」では地域、年齢、興味・関心などの条件でターゲット層を決めることができるため、狙ったターゲット層にアプローチしやすいというメリットがあります。 ソーシャルメディア広告はターゲティングがしやすく、即効性が高いのが特徴といえます。

f:id:urj:20160818234437j:plain URL:Facebook広告

f:id:urj:20160818234524j:plain URL:Twitter広告

まとめ

テレビや新聞などのペイドメディアに出稿するには多額の費用がかかりますが、Webなら少額の予算でも集客が可能です。 Webの集客方法は、日々変化していきますので、常に情報収集をして現在のトレンドを把握しておきましょう。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから