読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホアプリ企画・開発の際の注意点と知っておくべきこと

IT・Webコラム

f:id:lululolochan:20160520171442j:plain

スマホアプリ企画・開発の前にはっきりさせておくことは

スマホアプリ企画・開発時には、まずはスマホアプリならではの機能を活かすとともに、目的をはっきりさせることが大事です。

 

例えば、スマホ独自のPUSH機能を活用し、タイムリーに顧客に情報を伝え、店舗に導くようにする。 スマホでしか見られない画面を活用して、月額課金につなげる。 このように、従来のWEBサイトでは得られない独自のメリットを強調することです。

また、エリアに応じて、iPhoneアプリにするかAndroidアプリにするかも考えることです。 docomoの電波しか届かないエリアの顧客をターゲットとするなら、とりあえずAndroidのアプリを開発し、反応がよいのなら、改めてiPhonのアプリも開発し、さらにターゲット層を拡大する、というやり方もあります。

アプリ開発のコストの把握を

アプリ開発の目的によって必要となる機能要件も異なり、プッシュ通知や位置情報、カメラ機能などアプリ独自の機能を使うのなら、追加費用がかかることもあります。

これ以外、サーバ連携、データベース連携が必要だと、さらに別途費用、開発期間も必要かかります。 こうした費用も含め、開発にどれくらいのコストがかかるのか、よく把握しておくのも大事です。

また、デザインも大事ですが、自社のデザイナーがデザインするのか、デザイン会社などに外注するのか、クラウドソーシングサービスを利用するのか、これによっても開発費用が異なってきます。

デザインによっては技術的なカスタマイズが必要となる場合もあるので、早めにベースを用意し、最終的にどれくらいの制作期間、費用がかかるのかも把握しておかなければいけません。

登録、審査の必要も

iOSのアプリ、Googleのアプリを配布する際は、まずは各々の会社にデベロッパー登録をしなければいけません。

また、iOSアプリの場合、配信前にApple社の審査を通る必要があり、これが結構厳しい、ということも知っておくべきです。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから