読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneアプリ開発の基本で必要不可欠なこととは

IT・Webコラム

f:id:lululolochan:20160520170846j:plain

iPhoneアプリ開発でまずやってみることは

iPhoneアプリ開発の基本を学ぶには、やはりスクールに通うのが良いのですが、ある程度プログラミングが分かっているのなら、いくつかの教則本、参考書で学ぶと良いでしょう。

 

iPhoneアプリ開発はObjective-Cでプログラミングをする上での基礎知識を学んでおかなければいけません。 ただ、Objective-C言語は基本がC言語なので、C言語を既に習得している人なら問題ないでしょう。

また、基本がよくわからなくても、まずは、とにかく手本となるアプリをコピペで作り、実際に動かしてみることです。 これにより、ネットを通して手に入るサンプルプログラムも使えるようになります。

ある程度アプリを作ることが出来るようになれば、改めて文法や専門事項を学んでいくようにします。

アプリ開発で必要なソフトは

iPhoneアプリの開発には Xcodeを利用しますが、App Storeから無料でダウンロードできます。 アプリ内の動作系統には、プログラミング言語「Swift」か「Objective-C」を使用してアプリ開発を進めて行きます。

レイアウトは、Xcode 内にある「Storyboard 」を使うことでGUIでレイアウトを作成できます。

アプリ開発の前に大事なことは

アプリ開発の前には、企画をきちんと立てておくことも大事です。 曖昧なままアプリ制作を進めると、また初めからやり直しということにもなりかねません。

レイアウト、デザインなどの画面構成。 操作を行うことでどの画面に移動するかの画面構成。 タッチする部分によってどのような動作になるかの機能。 これ以外、有料アプリや広告による収入を考えるのなら、ダウンロード数・目標も具体的に立てておくことです。

これには、対象となる人達の絞り込みも大切です。 作業には、ペーパーベースかブラウザ上(ワイヤーフレーム)で作業を進める方法が一般的ですが、ワイヤーフレームをサポートしてくれるソフトもいくつかあるので、目的に合ったものを選ぶと良いでしょう。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから