読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリ開発の、外注と自社開発のメリット・デメリットは

IT・Webコラム

f:id:lululolochan:20160520171242j:plain

アプリを開発する際の、自社開発のデメリットは?

アプリ需要の高まりから、自社でアプリ開発を行ったり、業者に外注する等の動きも活発化してきています。

 

自社開発の場合、アプリ開発はまだエンジニアの数も少ないことから、ディレクター、プランナー、デザイナーやエンジニア等、各担当の人材を集め、プロジェクトを立ち上げるまでに時間がかかってしまうことが多いものです。

また、アプリを業務システムツールとして取り入れるか、ブランディング用にゲームを開発するか、目的によって開発スタイルに違いがあり、プロジェクトをまとめるのも難しいものです。

外注の場合のメリットと注意点は

これに対し、外注なら各部門の専門家が揃っているので、希望に応じたアプリを作成してもらいやすくなります。

また、自社にある程度専門知識を持つ人がいれば、自社でできる範囲と、外注に委託する部分で線引きを行うことも出来ます。 外注のデメリットとしては、やはりコストがかかってしまう、ということがあります。

また、バージョンアップやバグ対応はできるか、という不安もあります。 外注の場合、サポート体制がしっかりしているか、よく確かめることが大事です。

自社でエンジニアを雇う場合は

自社開発を行う場合、自社で専門のエンジニアを雇う、という方法もあります。

ただし、アプリ開発は市場の変化なども激しいので、自社のアプリ事業が頓挫したり、計画変更の必要が生じた場合、アプリ開発専門の人材をいかに処遇するか、いろいろと問題に直面してしまう恐れもあります。

自社で開発を行うのなら、コスト面で外注よりも有利となりますが、長期的に計画を立て、社内で人材を定着させることが大事です。 派遣でエンジニアを雇う方法もあり、この場合、経営環境の変化に対して柔軟にコストを調整できます。

ただし、正社員よりも毎月のコストがかかってしまう場合もあり、社内での技術の蓄積もあまり期待できない、ということがあります。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから