読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリ開発の費用・相場の実際は?

IT・Webコラム

f:id:lululolochan:20160520173943j:plain

アプリ開発の費用はばらつきが

アプリの開発を行う場合、製作会社に依頼すれば、通常、1機能を実装する為に必要な時間(工数)×1時間当りのエンジニアの売値、という形で見積もりが出されることになります。

 

費用としては、あるところが行った調査によると、製作会社に見積もりを依頼した場合、見積費用の平均としては350万円くらいですが、実際は下は160万円から上は1,300万円と、かなりばらつきがあります。 やはり、必要となる機能によって、開発費用は大きく異なってきます。

費用がかからないアプリは

最低価格の平均としては、これもあるところの調査によると、120万円くらいのようで、最高価格の平均は、大規模なシステムを構築したとして、2300万円くらいのようです。

実際のところ、相場としても把握するのは難しく、ショッピングカート系、カタログ・フリーペーパー系、通話・メッセージアプリ系、ゲーム系、SNS位置情報系、ツール系と、内容によって相場は異なってきます。

ショッピングカート系、カタログ・フリーペーパー系など、比較的制作に期間がかからないものなら、一般的な費用相場は1か月あたり40万円~50万円となるようです。

開発費用を抑えるには

1か月あたり50万円で、開発に要する期間が3ヶ月なら、開発費用は150万円になりますが、1か月以内で製作できる簡単なものなら、50万円でも制作は可能ということになります。

100万円以上になれば、DB連動やEC連動が行えるようになります。 150万円以上なら、アプリ内課金などの電子決済が実装できるようになります。 300万円以上なら、より特殊で複雑な機能を実装できるようになります。

ただ、費用が安くても、アイデアやビジネスモデル次第で、アプリによる収益向上、販促などにも十分役立てることはできます。 また、安い費用で請け負ってくれるフリーランスのデザイナーに依頼したりすることで、費用を抑えることも可能です。

ただし、トラブルに対するサポートがしっかりしているかも確かめることです。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから