読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidアプリ開発の基本的な流れは

IT・Webコラム

f:id:lululolochan:20160520171113j:plain

Androidアプリ開発のための環境構築は

Androidアプリ開発には、まずは最低限JavaおよびEclipseの基本を理解しておく必要があります。 Javaを理解した上で、まずJavaの開発環境を作ることになります。

 

アプリの開発ツールはいくつかありますが、Androidアプリ開発用のプラグインがあることから、通常はEclipseを用いて開発を行うことになります。 まずAndroidプログラムの開発環境を構築するのに必要なツールのセット、JDKをインストールします。

次に、Androidアプリケーションを開発するのに必要なツールのセット、Android SDKをインストールします。 次は、統合ソフトウェア開発環境(IDE)のEclipseをインストールします。

そして、ADTプラグインのインストールと、AVD(Android仮想デバイスまたはAndroidエミュレータ)を作成することで、開発環境が構築されます。

アプリ開発の進め方は

アプリの開発には、eclipseを使い、まずはプロジェクトと呼ばれるファイルを作成します。 このファイルの中で、画面の開発や設定、計算などの演算処理のプログラムを作成します。

アプリの画面レイアウトはドラッグ&ドロップで簡単に作成できますが、演算処理は、プログラム言語を使用する必要があるので、プログラム言語が分かっていなければ困難になるかもしれません。

まずは、ネットを通してレクチャー例や、ソースコードを入手して、こうしたものをもとにコードを書いてみると良いでしょう。

デバッグも必要

作成したプログラムが正常に動作するかどうかを試す試験として、デバッグも必要となります。 これには、Android SDK のフォルダ内に展開されたAndroid Virtual Device Manager というツールでできます。

これにより、作業中にフリーズしないか、自分の意図通りにアプリが動作するのかを確かめてみます。

(C)centsysjp's blog All Rights Reserved.
  • システム開発にお困りの方
  • センティリオンシステムの求人はこちらから